日本体育大学レスリング部でシナプス療法

先日、日本体育大学レスリング部で

神経医科学研究所の田中宣彦理事と

シナプス療法認定講師近藤秀幸先生が

将来有望な選手たちにシナプス療法の施術を行いました

今回、施術を行った選手の症状は

  • 肘内側側副靱帯損傷の急性期
  • 膝内側側副靱帯損傷
  • 母指の痛みと可動域制限
  • バーナー症候群
  • ギックリ腰
  • 慢性的な腰痛
  • 足首、頚椎のオペ後違和感等

短時間の施術でしたが

全員、痛みや可動域が改善し、

全然違うと喜んでもらえました!


競技の性質上、

どれだけ気を使っていても

怪我がつきものです。


痛みがあるからといって

休むなんてことはできない

アスリートには、

即効性のある施術が求められます。


外傷でもすぐに動けるようにしてあげられる

シナプス療法は、白石監督からも大変喜ばれました!



シナプス療法の技術は、

再現性高く日々進化しています。

日本神経医療工学院シナプス療法受講生のみなさんは、

これからも期待していてください



一日でも早く技術習得できるよう

再現性高くそしてシンプルにお伝えしていきます!



田中理事、近藤先生、

ありがとうございました